羊と鋼の森。
美しい音のある風景だけでなく心に響く言葉がこの本にはいっぱいです。
今回は映画では、山崎賢人さんが演じる主人公【外村編】名言集をお届けします!
2016年本屋大賞にも選ばれた宮下奈都さんの作品ですが、映画化もされています。
(詳しくはこちら)
この作品の良さを語るにはとても一度ではお伝えできません(笑)
調律師の成長物語が描かれていますが、主人公だけでなく、他の個性豊かな調律師もそれぞれ魅力的です。
今回はやはり主役!外村に注目して彼の素敵な心に響いた言葉をお届けしようと思います。

スポンサーリンク

『ピアノに出会うまで、美しいものに気づかずにいた。知らなかった、というのとは少し違う。僕はたくさん知っていた。ただ、知っていることに気づかずにいたのだ。』羊と鋼の森24ページ

これといって何かやりたいことがある訳でなく、平凡に過ごしてきた高校生の外村が初めて調律の世界を知った瞬間。

外村が生まれ育った大自然。彼の心にはすでに美しいものがあったのです。
木、葉、草、花、風、光、匂い…美しい景色。
ピアノの音に出会ってその『ある』に気づく、そんな一文です。

外村を調律の道へと突き動かしてしまうほどの強いもの。
この本全体の印象でもあるのですが、この言葉もそうです。とても静かなのに、内に秘める情熱が半端ないのです!もうえぐられそうになるくらいに(笑)

ヘレンケラーが水を知る有名な場面。モノには全てに名前があると『気づいた』瞬間。
外村が美しいものに『気づいた』瞬間が私にはそれと同じくらい重なって見えました。

何かの瞬間、全てのことが引き出されていく。
知らなかったと思っていたものが、線と線で繋がり一気に知るになるという場面。
この静かさの中に激しさまで私には感じ、一気に本に引き込まれていった言葉です。

また、本当に大切なこと、私は気づけてるだろうか?
知ってはいるけれど、知ってるつもりだけれど、大切だと気づけていないことないだろうか?
そんな問いを与えてくれる文でもあったなと思ってます。

『僕には才能がない。そう言ってしまうのは、いっそ楽だった。でも、調律師に必要なのは、才能じゃない。少なくとも、今の段階で必要なのは、才能じゃない。そう思うことで自分を励ましてきた。才能という言葉で紛らわせてはいけない。あきらめる口実に使うわけにはいかない。経験や、訓練や、努力や、知恵、機転、根気、そして情熱。才能が足りないなら、そういうもので置き換えよう。もしも、いつか、どうしても置き換えられないものがあると気づいたら、そのときにあきらめればいいではないか。怖いけれど。自分の才能のなさを認めるのは、きっととても怖いけれど。』羊と鋼の森139ページ
『道は険しい。先が長くて自分が何をがんばればいいのかさえ見えない。最初は、意志。最後も、意志。間にあるのががんばりだったり、努力だったり、がんばりでも努力でもない何かだったりするのか。』羊と鋼の森212ページ

彼が調律師になって苦悩してる様子がヒシヒシと伝わるところ。
そして「才能」という言葉に、彼だけなく彼の先輩たちもそれぞれの想いを持っているというところ。

イタタタタ…読んで感じた正直な第一印象でした(笑)
才能がない。そういって諦めてしまう人がたくさんいるのではないでしょうか。

才能という言葉ばかりに振り回されがちだけれど、何かで置き換えることを自分はしてきただろうかと。できることはしてみたのかと。

ピアノも音楽も未経験な外村ですが、彼のどこまでも美しい音に対する純粋な想い、素直さ、そしてコツコツと歩む姿がじゅうぶんに才能という言葉に置き換えられます。
この積み上げていく過程をこれでもかとこの本で読むのです(笑)

『道は険しい…』の文にある意志。その意志がとても強いものを感じ、私には外村の歩んでる姿が苦しいものには映りません。好き!という気持ちが溢れて仕方がない!静かだけれど、そんな気持ちが伝わります。好きだからこそ悩む、でもまたそれが自分を成長させてくれるものでもあるのですね。

近道なんてないんだな。
外村だけでなく『羊と鋼の森』の登場人物、個性豊かだけれども誰一人近道してる人がいません。また一見不自由さを感じることも、マイナスと捉えてしまうことも全て無駄ではないのだと思えます。寄り道ばかりしてる自分が救われる気持ちにもなりますが(笑)、やはり地味にコツコツとでしかないのだなと。
そのためには努力も大切でしょうが、「待つ」ことができる人になりたいなと思うのです。

そう思わせてくれる外村の先輩である柳の言葉にあるのです。
『羊と鋼の森』には素敵な言葉がたくさん散りばめられていますので、次回は【柳編】をお届けできたらと思います。個人的には私はとっても好きな登場人物です(笑)お楽しみにどうぞ(笑)

お読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク