今年も暑ーい夏がやってきましたね!
勿論、詳しくご紹介します!防府天満宮御誕辰祭花火大会2018年!!

防府市民の夏、それは天神さまの御誕辰祭とともにあります。
御誕辰祭のクライマックスを飾る花火大会は、3日間のお祭のなかでも一番のみどころです。
今回は防府市民歴6年目のわたしが、花火大会の駐車場、交通規制や、初めて行かれる方に花火がよく見える場所、花火を楽しむ注意点、お祭を彩る万灯の夕べなどをお伝えします。
ぜひ事前におさえておいて、お祭と花火大会をしっかりと楽しんでいただけたらと思います^^

スポンサーリンク

防府天満宮 御誕辰祭

防府天満宮は学問の神・菅原道真公を祀った神社で、日本最初の天神さまと言われています。
日ごろから地元民に「てんじんさま」と親しまれ、市民の憩いの場になっています。

防府天満宮では牛替え神事や御神幸祭など多くの年中行事がありますが、毎年8月に行われる御誕辰祭は菅原道真公の誕生日を祝うお祭で、たくさんの市民でにぎわうお祭です。
道真公は承知12年陰暦6月25日の生まれで、その年の陽暦は8月5日にあたります。
万灯の夕べ、クライマックスの花火大会など様々な奉祝奉納行事を行い、3日から5日までの3日間、道真公のお誕生日をお祝いします。

行事、日程

3日間にかけてさまざまな行事が行われますが、ここでは主要な行事をお知らせします。
<8月3日から5日>
10:00~20:30  お茶会 (茶室「芳松庵」)
19:00      献灯ぼんぼり、文芸ぼんぼり一斉点灯 (境内一帯・春風楼・茶室)
19:00      万灯の夕べ☆光の帯
18:30~21:30  ビアガーデン (春風楼)
19:30~21時   子ども花火まつり (春風楼前広場)
終  日    こどもクイズラリー (境内一帯)

<5 日>
19:45~     奉納和太鼓    (天神山野球場跡)
20:30~     夏祭り大花火大会  (天神山野球場跡)

詳しい行事の日程はこちらの防府天満宮公式ホームページをご確認ください。

祭のクライマックスを飾る・夏祭り大花火大会

御誕辰祭のいちばんの見どころは、花火と音楽と光のコラボレーションショーを間近で楽しめる花火大会です!
最終日5日の20:30から、祭のクライマックスとして約4000発の花火が打ち上げられます。打ち上げ場所は天満宮内ではなく、天満宮の近くにある競輪場です。

花火大会の観覧場所はココ

天神山の競輪場となりの広い駐車場(野球場跡地)が花火の観覧場所になっています。打ち上げ場所のすぐ近くなので、花火を間近で迫力いっぱいに楽しめます!(当日催事が行われるので、車は止められません。臨時駐車場をご利用ください)。
観覧場所付近にも数は少ないですが屋台は出ていますので、お祭ならではの美味しいものをほおばりながら花火が上がるのを心待ちにできますね。なお、19時ごろでもまだ場所はとれるそうですよ^^

また少し離れたところでは、ゆめタウンやイオンなど、デパートの屋上やイオンタウン駐車場、桑山からは花火がよく見えます。音や花火の大きさの迫力には欠けてしまいますが、天満宮周辺は大変混雑しますので、ゆっくりと離れたところで花火を楽しむのもいいかもしれませんね。

天満宮からは花火が見えない?

実はこの花火大会、防府天満宮の境内からはあまりよく見えません・・・
境内の中の場所にもよりますが、大きな木や建物があるため、レーザーショーや低い打ち上げ花火が見えないのです。
以前わたしは何も調べずに花火大会に行き、子どもたちと屋台を楽しみながら参道入口あたりで花火を見ようと陣取っていたら、お目当ての花火があまり見えずに「ここまで来たのに見えないなんて・・・」と愕然としたことがあります(もちろん、屋台などお祭自体はしっかり楽しめましたよ!完全な事前調査不足でしたー(;^_^A)。

地元民とも話してみたのですが、防府天満宮の花火大会は、参道や境内でのお祭の雰囲気を楽しみつつ高く上がった打ち上げ花火だけを楽しむか、境内から離れた打ち上げ場所近くで催事を楽しみつつ音楽とレーザーショーと花火をばっちり楽しむか、のどちらかかなという話になりました・・・。

もうひとつの見どころ・万灯(まんとう)の夕べ

御誕辰祭のいちばんの見どころは花火はもちろんですが、この万灯の夕べも見どころのひとつです。
祭の3日間の夜、およそ2000個のろうそくが灯され揺らめく優しい光が参拝客を出迎えます。

商店街から参道、境内の階段から本殿までを導いてくれるように灯されているろうそくは、大勢のボランティアさんが3日間かけてひとつひとつ並べています(3日は天満宮境内からうめてらすまで、4日は天満宮から上天神まで、5日は天満宮から銀座商店街まで灯が灯されます)。

天満宮の御誕辰祭に行くたびに、その光の美しさに感動します。ろうそくの小さな灯が集まって作り出す優しい光の帯。その帯に沿って天満宮まで導かれていく心地よさ・・・。何とも言えません。
ぜひ優しい光が醸し出す、夏祭りの夜の幻想的な雰囲気を味わっていただきたいです^^

駐車場情報、交通規制

花火大会当日の臨時駐車場は松崎小学校と佐波中学校です。
開放時間は17時から22時(予定)、駐車台数はおよそ500台。
松崎小学校の方が天満宮に近いので、まずそちらに行かれるといいかと思います。

5日の交通規制は18:00~22:00です。
旧国道2号線側からも天神山裏の県道184号線からも、天神山やうめてらすの駐車場へは18時以降は車で入れません。

また少し離れますが、防府駅付近に市営駐車場、ルルサス防府駐車場、タイムズ駐車場などがあります(防府駅周辺駐車場はこちら)。デパートを利用するならば、ゆめタウン、イオン駐車場もあります(どちらも天満宮まで徒歩15分程度)。

交通アクセス

車の場合 
(下関方面から)山陽自動車道防府西インターチェンジから車で15分、
(広島方面から)山陽自動車道防府東インターチェンジから車で10分

車以外での公共交通機関
※電車 JR防府駅から徒歩15分(天満宮まで)

防府天満宮
〒747-0029   山口県防府市松崎町14-1   ℡0835-23-7700
防府天満宮公式ホームページはこちら

まとめ

防府市の夏の風物詩・御誕辰祭と花火大会をご紹介しました。
夏の夜、万灯の明かりと夜空を彩る花火に癒されに、防府天満宮の花火大会にいらしてくださると幸せます(嬉しいです)^^
みんなで道真公のお誕生日をお祝いしませんか?

スポンサーリンク