8月3日から5日にかけて行われた防府天満宮御誕辰祭。
防府市民のわたしが祭の最終日、境内の賑わいとフィナーレの花火大会をしっかりと堪能してきました!
暑い、そしてものすごく熱い防府天満宮の夏祭りでした!
見どころである万灯の夕べやフィナーレの花火大会、屋台の美味しいもの、注意点まで、体験したことを余すところなくお伝えします。

スポンサーリンク

5日、その日は天満宮の花火大会。もう朝から花火大会に行くぞって、そわそわ。
夕方16時に天満宮から徒歩15分程度の駅近くのデパートに行ってみると、もう車がごった返しで駐車場はいっぱいでした。
店内に入ると、浴衣姿のお姉さんやお兄さんたちがたくさん。防府天満宮の夏の一大イベントに、市民が沸き立っている様子がうかがえました。

☆参道と境内は屋台がいっぱい

さて、例年はのんびりと19時ごろにお祭に行くのですが、今年は張り切っていてもたってもいられず(笑)18時前には商店街を歩いて天満宮へ出発してしまいました。

18時前でもうこんなに人が!
そうでした、今年は5日がちょうど日曜日。毎年御誕辰祭は8月3日から5日、花火大会は最終日の5日と決まっているので年によっては平日になるときも往々にしてあります。今年は日曜日だったので混雑も早かったし人出も多かったのですね!

きのうまでの静かな境内とは打って変わった賑やかな境内。お祭という非日常の空間はほんとに不思議ですね。

参道や境内はたくさんの屋台でいっぱいです。何食べようって目がきょろきょろしちゃいます。
やっぱり屋台と言えば電球ソーダ。

今年は哺乳瓶が新発売されてました。若い子たちが光る哺乳瓶を持って歩く姿がかわいい^^
それから肉巻きおにぎり。食べ応えあって美味しかった^^

そして、これは今年のわが家でのヒット商品、冷やしパイン。
去年は目もくれなかったけど、今年は暑すぎて3人分調達。甘いし果汁たっぷりで、子どもたちも大満足でした^^

他にも屋台がいっぱいでしたが、今年のうちの子たちはあれこれ食べたがらず。暑すぎるからかなー??あとは定番のから揚げでいったん終了・・・。
トルコ風アイスやカリカリチーズ(いつもはすぐ食べたがるのに今年は何も言わなかった・・・)、串焼き、かき氷、金魚すくい・・・(笑)お祭はいろんな屋台を見て歩くだけでもワクワクしますね!!

食べれるだけ食べて、ちょっと参道で休憩。
・・・どんどん参拝客が増えてきました。

19時には参道入口の「うめてらす」前の屋台は人だかり!防府市にこんなに人がいたなんて!!どこからこんなに人が集まってきたの!びっくり(笑)!さすが日曜日の夏祭りですね!!

☆幻想的な雰囲気に魅せられて・万灯の夕べ

御誕辰祭の見どころのひとつ、万灯の夕べ。
最終日の境内はお祭、屋台一色になりますが、3日と4日の2日間は夜の19時から21時まで、境内と参道に万灯のあかりが灯されています

とても幻想的な光景と静かな境内に心打たれます。
たくさんの方が写真を撮りに来られていましたよ。境内の万灯の明かりと天満宮を写真に収めるなら、最終日ではなく3日と4日の夜がおススメです。

19時過ぎて、参道の万灯のろうそくに火がともり始めました。
ボランティアの方が周りのアクリルの覆いが飛ばないようにテープで地面に固定し、ひとつひとつ火をつけていきます。

もっと暗くなると、暗闇に光の帯が美しく照らし出されます。
光の帯に沿って階段をのぼって境内へ誘われるのは、ほんとに幻想的です・・・。
DSC_2254

今年は早めに来てみましたが、やはり暗くなってから灯に照らし出された商店街を抜けて人ごみの中を参道から境内へと誘われるのが、いちばん天満宮のお祭の雰囲気を楽しめるのかなと感じました。

☆花火観覧場所

早めに来て境内のお祭を満喫したので(暑すぎて子どもたちがバテてきたので・・・(;’∀’))、早いけれども観覧場所へ移動します。

観覧場所は地図の黄緑色のまるで囲んだところ。天満宮境内から徒歩3~5分ぐらいです。
防府天満宮の花火はレーザーと音楽、花火とのコラボレーションショーが特徴です。
打ち上げ花火は地図の打ち上げ場から、レーザーや仕掛け花火は競輪場からあがります。なので、天満宮境内からはどうしても打ち上げ花火しか見えず、特徴であるレーザーと仕掛け花火が見えないんですね。
他県から越してきた人も、天満宮の花火大会なのに境内からよく見えないことにびっくりしていました。

19時半ぐらいで場所取りはこんな感じ。
こちらは天満宮の広い駐車場(下の方の〇です)。屋台も何軒か出ています。

もっと打ち上げ場所から間近で花火を見たいので、野球場跡地へ(上の〇)。こちらもまだまだ空きがあります。持参したレジャーシートを敷いて、さて、場所の確保完了。
もう境内の屋台はいいや、と子どもたちが言うのでここで待機。あとは花火が上がる20時半を待つだけです。

19時45分からは花火の前に奉納太鼓が。次第に花火大会への気持ちが高まってきます。
20時近くなってくると、どんどん境内から花火大会会場へと人が移動してきます。
暗くなって境内の屋台を楽しんでから花火大会会場に移動しても、混みますが間に合いそうですね。

屋台は野球場跡地には出ていないので、小さいお子さんがいる場合は特に、混雑する前に屋台で飲み物や食べ物を購入しておくといいかもしれませんね。

☆フィナーレ!・大花火大会

いよいよ花火のアナウンスが始まりました。
およそ40分間のショーの始まりです!

大きく派手な打ち上げ花火は少ないのですが、音楽にのせて夜空を彩るレーザーの光と花火の輝きから目を離せません。

躍動的な光と花火のショーはとても美しく、耳から目から受ける迫力はすごいものがありました!間近で観てよかった!その一言に尽きます。

この感動を少しでもお伝えできれば・・・スマホで画像がいまいちですが(;^_^A、動画でどうぞ!


あっという間の40分・・・ぜひ、境内でお祭を楽しんだ後に観覧場所に移動して花火を見ていただきたいです^^

花火を満喫した後の帰り道はやっぱり混雑。
野球場跡地は出入り口が一か所しかないので、大変混雑します。小さいお子さん連れの方も多くいらっしゃいますので、帰りは足もとに気を付けて安全にお帰りください。

花火の後は、もう万灯は片付けられています(21時まで)。万灯を楽しむのならば、それまでにご堪能くださいね。

☆花火大会の注意点

トイレは花火観覧場所にはありません

観覧場所である大駐車場にも野球場跡地にも、トイレはありません
トイレは天満宮境内横の駐車場に1か所、境内に3か所、社務所内に1か所、そして参道入口にあるまちの駅「うめてらす」にあります。
観覧場所に移動される前に、トイレを済ませてくださいね。

ゴミ箱が設置されていません!

毎年天満宮に着いてから、あっそうだった・・・!と思い出すのですが、境内にも花火の観覧場所にもゴミ箱は設置されていません!!
ゴミは基本、持ち帰りになります!ご注意ください!
わたしも境内に着いた後に気がつき、ちょうどレジ袋を持っていたのでゴミを持ち帰れました。屋台の方にゴミを引き取ってもらうのもいいかもしれないですね。
ですが、やはり花火大会からの帰り道には参道や商店街の隅にゴミが散らかっていました。せっかくの天神さまのお誕生日のお祝いですので、みなさんでゴミの持ち帰りを心掛けたいですね。

駐車場はお早めに

予定の17時には早いけど臨時駐車場である松崎小学校に行ってみると・・・あれ、もう車がどんどん入っていっている。
え?看板には17時~開場って書いてあるのに!ということで、17時前には一番天満宮に近い松崎小学校は満車でした(-_-;)
どうやら例年でも18時ころには臨時駐車場はどちらもほぼいっぱいになるそうです。イオン駐車場も花火大会を見に行く方でいっぱいでした。車で来られるみなさまは、お早目のお越しをおすすめします!

※御誕辰祭花火大会の見どころ、防府駅周辺の駐車場、アクセスなどはこちらの記事を参照ください。

☆まとめ

防府天満宮の御誕辰祭、花火大会の感想はいかがでしたか?
万灯の夕べ、レーザーと音楽と花火のショーと幻想的で特徴のあるお祭と花火大会です。
防府市近郊にお住まいの方、ぜひ一度菅原道真公のお誕生日をお祝いに足を運んでいただけたら、と思います。
またこの記事が、少しでもお役に立てたら幸せます^^

スポンサーリンク