【3月のライオン13巻 表紙より】

今日は私の大好きな漫画家さんの一人。羽海野チカさんの「3月のライオン」13巻を読んでの感想とここだけは読んで欲しい!おススメ箇所をお伝えしていきます。
※ネタバレも含みますので、これから読まれる方はご注意ください。

スポンサーリンク

大まかなストーリーは私が説明するよりも(笑)
公式サイトがありますのでこちらから『3月のライオン』公式サイト/白泉社

13巻あらすじ

13巻は大まかに4つのストーリー展開がありました。林田先生のあかりへの恋心、東洋オープントーナメントにおける二階堂と宗谷名人の闘い、滑川棋士のサイドストーリー、香子と後藤棋士との別れの予兆と零に対する想いの変化…と今回も盛りだくさんで大満足でした。それでは、様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語。はじまります。

 

【3月のライオン13巻 1ページより】

3月のライオン13巻の感想

いくつになっても…恋心は複雑。

まずは林田先生のあかりへの恋心について!夏祭りであかりを抱きしめた感覚が忘れられず、さらに島田八段は恋敵なのでは…⁉なら自分が敵うわけない…と一人悶絶する林田先生が描かれているんですが。もう、この姿は片思いの中学生です(笑)なんて漫画を通しては思うわけですが、私も同じような心情に今でもなるなと思って読んでいました。

恋をするとその心の中はいつだって複雑で、恋敵と比べて落ち込んだり、自分を選んで欲しいと奮闘したり、それが空回りしたり、恥ずかしいと思う自分の方がたくさん出てきてなんだか情けなくなってしまう。それでも、心はあの人に囚われている…。読むだけで“恋のはじまり”を想起させてくれる回でした。別であかり側の心情も描かれていて今後の林田先生、島田八段、あかりの恋の展開にも注目です。

二階堂VS宗谷名人の初対局!

ここは、13巻の主軸でしたね。病を抱える二階堂ですが、ずっと憧れであった宗谷名人とトーナメント戦2回戦で当たります。お互い最善手を指し続け二階堂に勝機が見えてきたところ…二階堂は体調悪化で倒れてしまい、宗谷名人の不戦勝という結果に終わりました。ところが、病床の二階堂に続きの棋譜が宗谷名人から送られてきて、そこには宗谷名人の勝利への道が記されてる…という展開があって、勝ちにこだわる宗谷名人の人柄があぶり出てきている感じがしました♪

二階堂はすごく大好きな登場人物の一人です。“病”という闇を抱えながらも奮闘し、いつもいつも前だけを見ている二階堂のその姿にいつも感動させられます。そして、あの前向きさを私にも分けて欲しい…(笑)そして、第1巻以降描かれていない零VS二階堂の闘いもこの先またあるはず!

あ、ちなみに私は将棋はまっったく分かりません。将棋ブーム中の前から3月のライオンは愛読していましたが、将棋のルールはいまだによく分からずです(;´・ω・)でも、それでも楽しめちゃうし、棋士たちの熱き戦いに一緒にドキドキ、ハラハラしてしまうので、将棋が分からなくてもストーリーに入り込めるのが、さすが羽海野ワールドです。

【3月のライオン 13巻 81ページより】

本編とは関係ないんだけど…でも深い。~滑川棋士のstory~

今回のここだけは読んで欲しいポイントです。13巻を読んでいて、一番心に響いたというか、グサッと来たのが滑川棋士のストーリーが描かれた“雨の匂い、河の匂い①②”でした。12巻までを読んでいなくても2話完結で読めてしまうので、またおススメです。
内容としては、滑川棋士は弟が継いだ実家の葬儀屋を手伝いながら、“自分はこのままでいいのだろうか…”と自分の生き様、将棋の在り方に悩みます。そこでで、滑川棋士の弟君が一言。ここのセリフがまた、ねー(>_<)!!

”「自分もいつかは死ぬんだ」って事を忘れて呑気に日々を送れてしまう事…

それって人間の持っているちっぽけな権利のひとつなんじゃないかなって”

【3月のライオン13巻 148ページより】

“死”を意識すること、生きていること自体の喜びを感じることはとても大切なんですが、“忘れること”も生きていく上では結構大事ですよね。悩み事や辛かったことをずーーーーっと引きずっていては生きていくのがしんどくなってしまいますよね。
忘れられるからこそ、明日へ希望が持てたりするんだと思うんです。私は医療関係の仕事をしていたので人の生死に関わる場面に、一般の方々よりは多く関わってきました。その中で“喉元過ぎれば熱さ忘れる”ではないのですが、治療を終えた後に、生活態度を変えない人とかを見るともっと身体を大事にしてほしい、”命”を大切に思って欲しい、と思う反面、生死を彷徨った出来事さえ忘れられるからこそ、”今”は呑気に笑いっていられるのかなーとも思うんです。

「痛み」や「辛さ」はいずれ忘れていく。だから、それでいい。だから、前を向けるんだろうなと。このストーリーに込められている、”日々を大切にすること”と”忘れること”の両極端の大切さは、なんだかすごく私の心に響いたんです。

『3月のライオン』には時々こういうピッとした静かで心を打つ物語が出てきます。なので読んでいて「生きるってなんだろうなー」って問われている気がするんですよね。“将棋”に打ち込む人々のそれぞれの生き様から。だから、この漫画はただ面白いだけでなく、生きる活力もくれるんです。

ということで、嫌なことはどんどん忘れてイイってことですね(笑)

おまけ。巻末も見逃せない!

『3月のライオン』だけじゃないんですが、羽海野さんの漫画ってあとがき漫画もおもしろいんですよ!ウミ子とゆかいな仲間たちが出てきたり、飼ってるネコが登場したり、あかりさんの食レポが出てきたり、ふざけながらも心に響く言葉が含まれていたり!3月のライオン巻末特集もいつか実現できれば♪ということで、最初から最後まで楽しめるので隅々までお見逃しなく♡今回の巻末はすき焼きのタレについて、あかりが熱弁しています(笑)今度すき焼きしたら、残りの汁は残しおこう。そうしよう(*´з`)♪

まとめ

13巻は零君の対戦はなかったものの、主要登場人物の二階堂VS宗谷名人の対局が見られたり、川本家長女あかりの恋が動き出しそうだったりと、じわじわと物語が動いていってる感じでした‼甘さとしょっぱさが丁度いい漫画、3月のライオンは今後の展開がさらに気になるところです。
ということで、次回は最初に戻って1巻から細かく、分かりやすく(笑)お伝えしていきたいと思います♪