保科宗四郎は防衛隊第3部隊の副隊長を任されるほどの強さの持ち主です。解放戦力も高く、専用武器も持っている実力者です。何より怪獣を倒す姿がかっこいいです!!普段は糸目で飄々としていますが、決めるシーンの時は目が開いており、そのギャップもかっこいいと評判で、怪獣8号の中でも人気の高いキャラクターです。

今回は、保科宗四郎の魅力を人気、名言、年齢、戦力解放や専用武器などの強さなどを徹底的に解説していきます!

※ネタバレも含んでしまうので、ネタバレが嫌いな方はお気を付けください。

 

<div id=”keni_toc”></div>
スポンサーリンク

保科宗四郎のプロフィールとは?!年齢、誕生日や性格など徹底解説!!

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 3巻 第20話】

保科宗四郎のプロフィールは

  • 年齢は不詳
  • 誕生日は11月21日
  • 星座はさそり座
  • 身長は171cm
  • 好きな物は読書、珈琲、モンブラン、単純な奴

です。

初登場は日比野カフカと市川レノが1次試験終了時、亜白ミナ隊長が今回の受験者の資料を見ている時に、後ろからやってきたのがシーンとなります。

 

保科宗四郎の強さの秘密は?解放戦力や専用武器から徹底解説!!

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 3巻 第26話】

保科宗四郎は防衛隊第3部隊の副隊長です。副隊長になるには、強さの尺度である解放戦力が高くないと務まりません。一般隊員の解放戦力は、どんなに訓練をうけても、20~30%で頭打ちとなります。その壁を乗り越えられる人しか隊長クラスにはなれないのです。しかし、保科宗四郎は最高解放戦力92%です。副隊長を任されるのも納得の強さです。

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 2巻 第14話】

保科宗四郎の強さは、大型怪獣には向いていません。なぜなら、保科宗四郎の専用武器は刀だからです。50cm前後の双短剣で、型番はSW-2033です。保科宗四郎が短い刀のため、近接戦で倒せる小型中型の怪獣が適しているのです。保科宗四郎の家系は室町時代から続く怪獣討伐隊の一族でした。保科宗四郎もその家系から才能を受け継いでおり、どの人からも天賦の才を認められていました。しかし、時代に合いませんでした。

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 4巻 第29話】

師匠からは、「防衛隊はあきらめろ 江戸の世ならお前は天才と崇められただろう だがもう刀の時代ではないんや」「お前は銃器の解放戦力が低い 今の時代それでは通用しないんや」と言われ、防衛隊の元上司からは、「諦めなさい保科くん 近年怪獣の大型化傾向が顕著だ 刀だけではいつか必ず命を落とす 悪いことは言わん 刀伐術の指南役となり現場から退きなさい」と言われていました。

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 4巻 第29話】

そんな中、第3部隊隊長亜白ミナは、「君の力が必要だ 私の部隊に来ないか保科」と今の部隊に誘ってくれたのでした。というのも、亜白ミナは刃物が全くダメで、包丁すら握りたくなかったからでした。それでも保科宗四郎は自分に居場所をくれた亜白ミナに忠義を尽くすべく、副隊長の責任を果たしているのでした。だからこそ、保科宗四郎は、専用武器にて、小型中型怪獣を倒し、大型怪獣への道を切り開くのです。

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 3巻 第23話】

保科宗四郎が怪獣を倒すときは保科流刀伐術を用いています。保科流刀伐術は、かなり洗練されており、小型中型を確実に殲滅できる技ばかりです。さすが代々続く怪獣討伐隊の一族ゆえに技だと感じずにはいられません。現在、明らかになっているのは、6種類です。

  • 保科流刀伐術1式 空討ち:相手を翻弄させるほどのスピードを利用し、相手に斬撃をはなつ技
  • 保科流刀伐術2式 交差討ち:双刀を用いて、相手をクロスに切りつける技
  • 保科流刀伐術3式 返し討ち:双刀を交差させることで、相手に2連斬撃を繰り出す技
  • 保科流刀伐術4式 乱討ち:目に見えない速さでバラバラに切りつける技
  • 保科流刀伐術5式 霞討ち:交差討ちを陽動にして対象物に近づき、最後の1撃を放つ技
  • 保科流刀伐術6式 八重討ち:目に見えないスピードで八つ裂きにする技

保科流刀伐術は、目に見えないほどのスピードを用いて、相手をかく乱しつつ、気づかぬ間に相手を切りつけているのが特徴です。なので、切る体積が大きい大型怪獣には効きづらいのです。

スポンサーリンク

保科宗四郎かっこいい!!名言・名シーンなどから見所を紹介!!

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 1巻 第5話】

保科宗四郎の基本的なキャラは飄々としていて、かつお茶目な一面です。入隊試験の監督官として、受験生を見ていた際も厳しくジャッジするよりも楽しみつつ余裕を持ちながら見ていたように、私には感じました。それがわかるシーンは、日比野カフカの解放戦力が0%と判明した時です。保科宗四郎は、この時解放戦力の解説をしていました。解放戦力が0%だった受験生はいなかったといった矢先に、日比野カフカが0%だったことがわかり、大爆笑していました。爆笑しながら糸目だったのがお茶目でした。そして、なんとお笑い要因として不合格になりそうだった日比野カフカを合格にさせたのでした。こういう飄々として、かつユーモアな性格が保科宗四郎らしいです。

【松本直也 「怪獣8号」 集英社 少年ジャンプ+ 2巻 第10話】

保科宗四郎を語るうえで重要な一面があります。それは観察力を用いて物語の真相に迫る探偵のような役割です。普段は飄々としているが、実はかなり観察しています。その観察眼は、怪獣8号の物語の中で唯一、日比野カフカの違和感に気づいた人物であることからもわかります。このシーンは、入隊試験時に人型の怪獣が現れ、試験が混乱した中、バイタルが消えていたことから違和感を感じていました。日比野カフカを採用したのは、この違和感の正体を探るためでした。キリっとした目を開き、相手を捉えている眼光の強さは、強者を感じさせるなと身震いしてしまいます。こういう観察眼、推理力があるのも保科宗四郎を語るうえで欠かせないのです。

 

まとめ

保科宗四郎について徹底的に紹介しました。防衛隊第3部隊には欠かせないメンバーです。保科宗四郎は普段糸目で、飄々としています。かなりのお茶目で、日比野カフカをお笑い要因で採用するほどです。でも、第3部隊の隊員、そして亜白ミナ隊長を守るために、誰よりも怪獣も倒しまくる姿はとてもかっこいいです。さらに、物語の真相に迫るような観察眼も持ち合わせいて、なんて万能なんだと感心してしまいます。作者自身が頼れるキャラと推薦しているのもよくわかります。今後も保科宗四郎の活躍を伝えていきます。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

※今後もどんどん情報を追記予定です!