「あずきバー」アイスが人気の井村屋から、冷凍パン「井村屋謹製 餡ぱん」が発売され話題となっています!!

井村屋といえば、「あずきバー」が定番で「あずきの井村屋」として有名ですが、肉まん・あんまんで培った「包む」「発酵」「蒸す」技術に「焼く」を融合させた新感覚の冷凍パン「ベイクド・デリ」商品を企画。2020年3月16日にベイクド・デリ 野菜と果物のまろやかポークカレーパン」「ベイクド・デリ とろ~りつぶつぶコーンポタージュパン」を発売。

今回は「あずきの井村屋」として自慢の小豆を使用した初の”餡ぱん”が新発売されました

スポンサーリンク

「井村屋謹製 餡ぱん」はどんな味?

     井村屋HPより

「井村屋謹製 餡ぱん」は「あずきの井村屋」として初めての餡ぱんです。

井村屋が明治29年の創業時より蓄積したあずきの加工技術を活かし、たっぷりの餡を二段発酵のもっちりとした生地で包んだ冷凍パンです。

北海道産の大納言小豆を餡に使用し、”パリッ”と”ふわっ”の新食感。まるで焼き立てのおいしさがお楽しみいただけます。

「井村屋謹製 餡ぱん」 商品特長

(1)粒感があり上品な甘さの専門店のような餡

餡には粒が大きく煮崩れしにくい、しっかりとした粒感が特長の北海道産大納言小豆を使用。砂糖は純度の高い白双糖を使用しました。冷凍商品の特徴を活かし低糖度に炊きあげることで、上品ですっきりとした甘さの餡に仕上げました。長年のあずきの加工技術を活かした、井村屋自慢の餡です。

(2)風味・旨味のあるしっとりしたパン生地

生地には北海道産の小麦粉、生クリーム、発酵バター、塩を使用し、乳のコクとバターの香りを感じられるよう風味豊かに仕上げました。また、焼きたてを急速冷凍することで、解凍後もしっとりとやわらかい、出来たてのパンのおいしさが続きます。

(3)“解凍+リベイク“で、パリッと香ばしい焼きたての味が家庭でいつでも味わえる

ご家庭では、常温またはレンジで解凍した後にトースターで焼いて”リベイク”することで、焼きたてのパンのパリッとした食感をお楽しみいただけます。

引用:井村屋HPより

     井村屋HPより

今回の「井村屋謹製 餡ぱん」はあずきのおいしさをぎゅっと急速冷凍。冷凍庫に常備しておけばいつでも焼き立ての味が楽しめるので、あずき・餡・餡ぱん好きにはたまらないですね。

発売日と内容量は?どこで買える?

発売日 2021年7月27日(火)
販売場所 ・全国量販店・スーパー(冷凍食品売場)

・井村屋ウェブショップ

https://www.imuraya-webshop.jp/

内容量 94g×2コ
販売価格(Web) 2パック:820円(税込)

5パック:2,050円(税込)

10パック:4,100円(税込)

賞味期限 1か年
原材料名 小麦粉(国内製造)、砂糖、小豆、水あめ、クリーム、バター、イースト、食塩、寒天/増粘剤(加工でん粉、アルギン酸エステル)、膨脹剤、乳化剤、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
カロリー 238kcal(1コあたり)

発売後の口コミを探してみたところ、「店頭では見かけず買えない…」といった声もありました。

井村屋のウェブショップでは、2個パック・5個パック・10個パックともに、在庫ありの表示となっていますので、ウェブショップを利用してみてはいかがでしょうか。

ウェブショップはこちら→https://www.imuraya-webshop.jp/shop/default.aspx

「井村屋謹製 餡ぱん」の食べ方は?

「井村屋謹製 餡ぱん」の食べ方は、まず自然解凍か電子レンジで時短解凍し、その後トースターで「リベイク」!

リベイクすることで焼きたてのパンのパリッとした食感をお楽しみいただけます。

     井村屋ウェブショップより

「井村屋謹製 餡ぱん」の口コミは?

「あずきの井村屋」として初の餡ぱん。

Twitterでは、発売前から早くも賑わっていました。

・冷凍あんぱん。これは目からウロコです。

・食べてみたいです!見つけたら絶対買います٩(^‿^)۶

・こんなん美味しいに決まってるじゃんw

絶対買う。冷凍庫常備品にしたい

・期限1年は強すぎ

 

まとめ

「あずきバー」アイスが人気の井村屋から、冷凍パン「井村屋謹製 餡ぱん」が2021年7月27日(火)新発売されました。

冷凍なので冷凍庫に常備しておけば、”パリッ”と”ふわっ”の新食感のまるで焼き立てのおいしさの餡ぱんをいつでも味わえるなんて楽しみですね。

井村屋のウェブショップでは、2個パック・5個パック・10個パックともに、在庫ありの表示となっていますので、ウェブショップを利用してみてはいかがでしょうか。

ウェブショップはこちら→https://www.imuraya-webshop.jp/shop/default.aspx

 

7月15日の中日新聞朝刊にも取り上げられました。