今年もやってきます!戸田市最大のビックイベント戸田橋花火大会!
オススメの超穴場スポットや屋台日程やアクセス、そして事前に押さえておくと良い事情などを地元民ならではの目線からじっくりとご紹介いたします。

スポンサーリンク

戸田橋花火大会とは?

戸田橋花火大会は今年で第65回を迎える伝統ある大きな花火大会です。

感想や体験談を書いています→戸田橋花火大会2018【体験談】感想!地元民の穴場スポット・周辺チェック

荒川をはさんで対岸の「いたばし花火大会」と合同開催されます。同時に両サイドの花火大会を鑑賞出来るというとってもオトク感満載な花火大会です(笑)
両岸で約12000発も打ち上がり、(戸田側は約6000発)河川敷が広いので関東圏でも珍しい尺玉(10号玉)が安全に打ち上げられます。
また、フィナーレのウルトラスターマインは圧巻の迫力です。おお~と歓声と拍手が響き渡り大地が揺れます(笑)

ゆえに戸田市民にとって、この戸田橋花火大会は、歴史と伝統のある誇り高き大きなイベントなのです。当日は朝から街全体がウキウキワクワクと盛り上がっています!是非一緒に肌で感じて頂きたいと思います。

まずは映像をご覧下さい!尺玉が画面に収まりきらないこの迫力を!

日程

日にち 毎年8月第一週目の土曜日
2018年は8月4日(土)の予定。荒天候の場合、翌日に振り替え
時間 午後19時から約1時間半

アクセス

埼京線の戸田公園駅西口から荒川の土手までは徒歩20分程です(下記地図参照)
当日は混雑しますので40分くらい見ておいた方が良いでしょう。お昼を過ぎた頃から人がどんどんと増え始めます。
屋台も混み合うので並んでいるうちに始まってしまったという事もあります(私がそうでした)なので余裕を持って向かわれるといいと思います。

また帰りはかなりの混雑です。想像以上です(笑)駅までは軽く1時間はかかります。なので帰りも時間に余裕を持たれた方が良いでしょう。
また交通規制がかかり、午後17時から21時30分までは車やバイク、自転車も通行止めとなりますのでご注意ください。

バスも当日の午後からは迂回する事になります。それに周りの駐車場は満車になりますので、かなりの渋滞が予想されるので電車での行き帰りが無難でしょう。

詳しくはHP

トイレ事情

当日は仮設トイレが数カ所設置され、午後14時を過ぎた頃から駅から開催地に向かってどんどん使用可能となっていきます。
また戸田公園駅改札のトイレは混乱をさける為、午後16時から21時まで使用不可となりますのでお気をつけ下さい。ただし、駅前ロータリーに仮設トイレが設置されますので、そちらを使用できますのでご安心くださいね。

当日にトイレが見つからないと困ってしまいますよね。事前に調べておくと便利ですし安心です。
小さいお子様連れの方や、カップルの方にお役にたてれば幸いです。

屋台

花火大会やお祭りでは屋台が楽しみの一つでもありますよね。
戸田橋花火大会では、屋台はかなり沢山出ますので嬉しい限りです。
種類も色々あるので、目移りしちゃいます!

オススメなのが地元のレストランや居酒屋、コンビニ、お好み焼き屋さんまで様々なお店が、当日は沢山出店されています。色々な所で買って食べたり、土手まで持っていって花火を鑑賞しながら食べたりと、色んな楽しみ方が出来そうですね。

超穴場スポット3選!
それでは地元民の厳選穴場スポットをいよいよ紹介いたします。

駅前ロータリー

え?駅前?とお思いでしょう。しかし戸田市はコンパクトでフラットな町並みとなっており、広範囲で打ち上がった花火が大きく綺麗に見られるのです。
ここだと河川敷までの道のりの混雑を避けられ、帰りも駅前なのですぐに電車に乗れます。またトイレも近くにあり、周りには地元のお店が沢山出店しています。ただしクライマックスのウルトラスターマインなどは見えない、もしくは見えづらいですが尺玉(10号玉)等は綺麗に見えます。

東横イン付近

河川敷までの道のりを一本横に入るとビジネスホテルの東横インがあります。(高い建物なのですぐにわかります)
その手前の交差点付近は、そこまでの混雑もせずにダイナミックに見られます。また近くでは地元のお店が何店か出店していますし、その先には屋台が建ち並んでいます。出店しているお店や屋台で買い、飲んだり食べたりしながら鑑賞できます。

昨年この場所で鑑賞しましたがなかなかのオススメスポットです。ただしトイレは付近にありませんのでご注意を。そして東横インさんの迷惑にならない様、マナーやルールを守って頂ける様にお願いします。

東横イン前にて

河川敷

やはり河川敷、土手からの鑑賞が一番のオススメです。大勢の人で賑わっていますが、とても広いので必ずナイスポイントを探す事が出来るでしょう。
土手に座って見るのも勿論いいですが、ここまで来たら河川敷まで降りて見るのがおススメです。
頭上に打ち上がる大きな花火、ドーンドーンとお腹に響き渡る音。見上げていると首が痛くなる程です(笑)
レジャーシートを敷いて寝転んで見る方も多いですよ。星空と花火だけが目に写り、一体感を感じられます。

それと河川敷は蚊が多いので虫除けスプレー等持参されるといいかと思います。

まとめ

夏の風物詩の花火大会。今年は戸田橋花火大会へ足を運んでみませんか?
街全体が花火の豊かな色彩と音に包まれノスタルジックな気分になります。きっと誰もが感動のひとときを味わえる事でしょう。
あなたの夏の思い出の1ページに是非、刻んで頂ければと思います。

スポンサーリンク