2015年から連載が始まり、2021年4月からアニメが始まった『灼熱カバディ』の主人公、宵越竜哉(よいごしたつや)。元サッカー部のフィジカルの強さと判断力、何より成長速度が速く、試合で大活躍の選手です。今回はマンガワン内の人気投票で1位だった宵越竜哉の強さの秘密や名シーンを徹底的に考察していきたいと思います!

※アニメ派の方は、ネタバレも含んでしまうので、ネタバレが嫌いな方はお気を付けください。

 

<div id=”keni_toc”></div>
スポンサーリンク

カバディ部へ入部するきっかけ

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 1巻 第7話】

宵越竜哉は私立能京高校に通う高校1年生。中学時代までは、サッカーで全国ベスト4にまで進出したスター選手で、接触が多いサッカーで倒されたことがないという異様な回避能力から、不倒の宵越という異名で呼ばれていました。しかし、マスコミの過剰な報道やチームメイトとの軋轢によって、サッカーだけでなくスポーツ自体が大嫌いになっており、高校では帰宅部として、ネット配信動画で生配信を行う日々をすごしていました。しかし、カバディ部員である1年畦道相馬の勧誘とカバディ部副部長2年井浦慶のネット配信動画を利用したアメとムチの戦略により、なし崩し的にカバディ部に入部することになります。

 

宵越竜哉の強さの原動力とは

その1負けず嫌い

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 4巻 第30話】

宵越竜哉は極端の負けず嫌いです。極端とつけたのは、負けた相手は勝つまで一生忘れないことが中学時代のインタビューで明らかになっています。カバディをやり始めたのも、カバディで初めてハットトリック決めた時も、今年は攻撃手になれるのを諦めなさいとコーチから言われた時も、そして関東大会奏和高校での高谷煉との再戦時も、異常な負けず嫌いが滲み出ています。さらに言えば、体育祭でも騎馬戦でも負けず嫌いでした。上記は、体育祭の騎馬戦で、体育館の使用権をかけた勝負をした際のシーンです。体育祭なのにとても迫力あるシーンで、たまりませんでした。

 

その2ストイックさ

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 1巻 第6話】

「勝負なら常に最善を尽くすのが・・・普通だろを」これを当たり前のように話しています。スポーツする人は大勢いますが、全国大会にいける人たちは必ずもっている価値観だと思います。カバディ部にはいやいや入部させたとしても、この価値観を貫けるからこそ強いのかなと感じています。人を見る目に定評のある副部長井浦慶も練習で手を抜いたことがないと感じており、第三者からみても徹底さが伝わるレベルなのが、宵越竜哉の強みであり、成長の原動力だなと感じています。

 

その3スポーツに対する考え方

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 4巻 第35話】

3校合同合宿での出来事。宵越竜哉は初日、英峰高校とのミニゲームで相当やられました。しかし、翌日の朝食時、英峰高校若葉剛に自分から誘い、教えてもらっているシーンがあります。これをみた王城正人はスポーツに対する考え方は一流と称しています。また、合同合宿時、別シーンでは、練習の方向性が大事であり、汗なら誰でも流せると話しています。このように、助言をうけいれる素直さや失敗を改める潔さ、負けを呑みこみ耐えるメンタルのタフさなどはスポーツ選手として一流なのです。

 

その4判断力

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 1巻 第1話】

宵越竜哉の判断力も特質すべきものです。初めてやったカバディ体験用鬼ごっこにて、副部長井浦慶のタッチの仕方の意図に気づくエピソードがあります。初めてのスポーツでどうやったら負けるのかシュミレーションできる力は中々できることではないだろう。また別のシーンでは、自分が何回タッチされ、何失点したのかを一字一句覚えているエピソードもあります。この判断力の高さは宵越竜哉のプレイスタイルに大きく影響しています。

 

その5元全国レベルのフィジカル

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 5巻 第39話】

身長187.5cm、体重75kgと身体能力に恵まれています。しかし、宵越竜哉の身体能力の強みはフットワークです。長年、サッカーの練習をし、全国大会ベスト4までたどり着いた選手。サッカー部時代は不倒の宵越の異名があったのは、走りの技術のおかげでした。3校合同合宿中、コース取り、体重移動、歩幅の作り方の走りの技術をカバディ用に修正するのに苦労していましたが、この修正が宵越竜哉のメイン武器につながっていきます。

 

宵越竜哉のカバディスタイル、特徴

その1テクニック

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 8巻 第83話】

元全国大会出場サッカー選手である宵越竜哉は、回避のテクニックがずば抜けていました。サッカーで培ったフットワークもあるため、能京高校では攻撃手のポジションにつきました。そして、3校合同合宿で編み出した走りの技。それが、曲がり(カット)と戻り(バック)です。このテクニックは初見だと相手から消えたようにみえ、相手は何が起きたのか混乱してしまいます。宵越竜哉はこのようなテクニックを吸収するセンスが卓越しており、大きな武器となっています。この曲がり(カット)と戻り(バック)という必殺技をみた時、宵越竜哉超カッコいいなと感じていました。

 

その2序盤を作る力

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 2巻 第13話】

能京高校には、最強の攻撃手王城正人がいます。なので、今年攻撃手として活躍することは諦めさないと日本代表で「日本一の守備」の名をもつ久納栄司コーチに指摘されました。しかし、唯一王城正人より勝るものがあるといわれた力が序盤を作る力でした。上記シーンは、奏和高校との練習試合にて、10回に1回にしか成功しなかったロールキックを試合中に成功させ、流れをつかんだシーンです。他校からもMr序盤と呼ばれるほど脅威です。

 

その3変化速度

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 11巻 第109話】

3校合同合宿の7日間のうちに長年の走り方の癖をカバディ用に修正したり、関東大会3回戦前に埼玉紅葉高校佐倉学から教えられた回転の技術を試合中に発揮したりと、吸収・変化の速度が尋常ではありませんでした。長年カバディをやっており、成長が止まっている王城正人とは違い、この半年間でカバディというスポーツに適応してきたことを考えると異常さが目に浮かびます。元々サッカーとしてどうやったら成長するのか日々考えてきた経験が生かされていると推測します。久納コーチもより変化できるのは宵越だと指摘しており、変化速度は宵越竜哉の強みの一部なのです。

 

その4守備の目線の目覚め

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 11巻 第112話】

宵越竜哉は守備が苦手でした。3校合同合宿後、元に就任するまで、守備での連携に一度も成功したことがありませんでした。久納コーチに指摘されたのが、守備目線でした。久納コーチ就任後は、関東大会1回戦までチーム練習に混ざらず、ひたすらボールキャッチをし、守備の基本フォームを叩き込んでいました。その成果がでたのは、律心高校との試合中でした。守備のキャッチを叩き込んだ宵越竜哉が、律心高校部長大和の足を初キャッチを成功させました。そして、その支援により、水澄京平と伊達真司のタックルの時間を稼ぎ、相手を倒せました。このシーンで、宵越竜哉は初めて守備を成功させることができました。

 

その5負けず嫌い

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 15巻 第166話】

先ほども記載しましたが、やはりここは宵越竜哉の特徴です。カバディは点数の変化が激しいスポーツです。とはいえ、残り時間が少なくなれば、逆転の可能性は消えてします。しかし、宵越竜哉は、例え負けが濃厚になる程の点差と残り時間であったとしても、もがくことができます。それが能京高校快進撃の突破口だったことに間違いはないです。関東大会3回戦、奏和高校との試合は、宵越竜哉の負けず嫌い、執念がつないだものでした。この特徴は、宵越竜哉の最大の武器です。

 

イケメンだけど、残念!?宵越竜哉の恋愛事情

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 15巻 第179話】

イケメンと呼ばれる部類に入り、文化祭ではイケメンコンテストにでるほどの美形。自分でもモテないはずはなく、本気になればできると豪語しております。しかし、残念ながら彼女はいません。

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 7巻 第68話】

同級生の畦道相馬が彼女いると聞いた時の嫉妬ぶりは、狂気を感じずにはいられません。デートがあるとわかった時は途中で帰宅しようとしていたのやめて後をつけ、デートを妨害しようと決心。一緒にいた人見祐樹を女装させ、ダブルデートという設定で畦道相馬のデートを監視していました。

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 3巻 第20話】

また、度々畦道と上半身裸の姿で目撃されていることから、能京高校のサッカー部のメンバーを含めて、勘違いが広がり、宵越竜哉はそちらの気があると誤解される始末。恋愛面でも活躍があることを祈ります。

 

宵越竜哉の名シーン

その1「俺は汗臭い連中やスポーツが嫌いだが・・・負けっぱなしが一番嫌いだ・・・!!」

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 1巻 第3話】

半強制的に入部しても、手を抜かず練習をしていた宵越竜哉。同期畦道相馬は同じ練習で点数を獲得しているにもかかわらず、宵越竜哉はなかなか点数をとれずにいました。畦道相馬に負けている状況が許せない宵越相馬が意地でも勝ちたいのがわかるシーンとセリフです。初めたばかりのスポーツでは、出来ないのは当たり前。でも、悔しくて悔しくてたまらないので、勝つために観察しようとした結果、ガン見になってしまうのです。宵越達哉は筋金の負けず嫌いがわかる象徴的なシーンです。

その2「なんだこの感覚は!?」

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 1巻 第6話】

入部した当初の宵越竜哉は、男同士で手をつなぐカバディ独特の守備、チェーンをどうしてもやりたくありませんでした。そのせいで、守備で全く連携ができず、成功した試しがありませんでした。そこでカバディ部副部長井浦慶は、宵越竜哉と畦道相馬の1年コンビと水澄京平と伊達真司の2年コンビの練習試合を組みました。練習を重ねていたある試合のこと。宵越竜哉が水澄京平を倒せる機会を得ましたが、自分のサインの欠陥でそのチャンスを棒にふってしまうところでありました。しかし、サインがないのにもかかわらず、畦道相馬がタックルしてくれていました。初めて仲間に声が届き、本当の意味で連携できた喜びをかみしめているセリフです。

 

その3「この燃える世界は、気持ちがいいんだ。」

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 1巻 第7話】

宵越竜哉はスポーツが大嫌いで、1点の攻防で一喜一憂する暑苦しさなど理由をあげればキリがありません。宵越竜哉は畦道相馬とコンビを組んで、水澄京平と伊達真司の2年コンビと練習試合をしている時、「なぜスポーツをしているのか、なぜこんなに熱くなっているのか」と自問自答していました。そんな中水澄京平が攻撃している際、宵越竜哉は初めて畦道相馬と手をつないでいました。宵越竜哉がまさか手をつなぐと誰も予想していませんでしたが、それでも水澄京平は飛び上がり回避しました。そして「一朝一夕の連携は通用しない」と。宵越竜哉はカバディを通じて限界を超えていました。この出来事で、自分が好きな世界はここだったんだと思い出したのでした。私はこのシーンが一番大好きです。

 

その4「『初心者』として、チームを勝たせる事だけを考えている。」

【武蔵野創 「灼熱カバディ」 裏少年サンデーコミックス 2巻 第18話】

奏和高校との練習試合後半戦、相手が王城正人の攻撃に慣れてきた上に、序盤からでてきたため疲労が蓄積されていた王城正人にはけがの危険がありました。そのため、王城正人をベンチに下げたうえで、宵越竜哉に託すことになりました。初心者なのに重要な局面を任されることになった宵越竜哉は、サッカーで元全国大会出場経験があります。だからこそ、このベンチ入りの心境が痛いほどよくわかりました。今まとは違い、初心者としてチームを勝たせることだけを考えたシーンに宵越竜哉と同様に胸が熱くなりました。

まとめ

能京高校カバディ部1年生宵越竜哉の魅力について語りました。強烈な負けん気、サインなど戦略をたてることができるクレバーさ、そして勝つためには現実をうけいれる素直さなどを活用して、これからたくさんの試合に活躍していきます。これからも宵越竜哉を追っていきます。そして、今後も灼熱カバディの魅力的なキャラクターや熱くなる試合などを伝えていきます。

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

※今後も追記予定です!