【3月のライオン2巻表紙】

今日は3月のライオン2巻についてあらすじと感想をお伝えしていきます!2巻は零君大爆発‼が起こります(´艸`*)♪♪♪冷静沈着に見えるタイプの零君ですが、心の中は色々あるものです(笑)ということで、あらすじからどうぞ♪

※ネタバレも含みますので、これから読まれる方はご注意ください。

スポンサーリンク

1巻のあらすじと感想も書いてます。

【3月のライオン1巻。あらすじと感想と。零君が好きすぎる件。】

2巻あらすじ

神さまの子供(その1~3)

プロ1年目は勝ち進んでいた零だが、2年目に入り2連敗をしてしまう。昇級することも叶わなくなり負ける苦しさだけが残る零。戦う理由を見つけられず“中途半端だ僕は…”と思い悩んでいたところ、ひなたと遭遇する。零に元気がないことを察知したひなたは夕飯に零を誘うが、そこへひなたの想い人高橋君が登場‼そこで交わされた会話とは…⁉(感想へ続く①)

大切なもの。大切なこと。

高橋君とまた話すことになった零。in川本家。キンチョーの嵐の中に居るひなたにつられ、零も緊張…していたところ、高橋君が零の対戦ビデオを見せる。録画ビデオにはなんと二階堂の姿が‼悩んでいる零に活を入れるようにテレビ越しで愛の叫び‼それに反応するように零も感情的になる。

将棋教えて 、面影

高橋君との一件により、プロ棋士であることがバレてしまった零。ひなたから将棋を教えて欲しいと頼まれ入門書を探しに来たところ…二階堂と遭遇してしまう。勝手に便乗してきた二階堂と共に川本家で将棋解説をするのだが…。二階堂の説明のうまさに圧倒される零であった。しかも二階堂が持ってきた解説書は超分かりやすくて、超豪華な、自費出版本というw (´・ω・`)ナニソレ…。
将棋を教える楽しさや父との思い出を振り返り、少しずつ“戦う理由”が浮かび上がってきた零だったのだが、養父幸田八段の娘である香子が突然零の前に現れる。

遠雷(その1~3)、贈られたもの(その1~2)

もう、負けられない零。そのことを知ってか、知らずか、香子は零に対戦相手の情報を話し出す。一人目は松永。もし、零が勝ったらC1からの降級の可能性があり、しかも降級したら引退するかもしれない棋士。二人目は、安井。離婚が決まり子どもと最後に過ごせるクリスマスでの対戦。この状況に対し、零はどんな対戦をするのか…。(感想へ続く②)

 

3月のライオン2巻の感想

「逃げなかった」っていう記憶が欲しかった。

この高橋君と零君会話、好きなんですよねー(*´∨`*)高橋君は零がプロ棋士であることを知っていて、早くから自分の将来を自分で決めた零に対し質問するんです。

「なぜ1年遅れで学校に行きなおしたのか?」と。

そこで出てくるのが、このセリフ。

「逃げなかった」って記憶が欲しかったんだと、思います。

【3月のライオン2巻 49ページ】

やーもー零君ほんと可愛すぎます(*ノωノ)♡
恥ずかしならも、自分の中にある“本心”をありのまま語る零君と高橋君は、そこで通じ合うわけです。人と心を通わせる体験をする零君の嬉しがり方といったらもう…控えめで、零君らしかったです(笑)
でも!零君の“芯の強さ”がすごく浮き出ていますよね。私だったら…逃げ切ります( ´艸`)えぇ、確実に。

零君、人前で大声を出すの巻。

大切なもの。大切なこと。で二階堂がテレビ越しに零に活を入れます。この部分。


【3月のライオン2巻 70ページ】

二階堂‼やっぱいいキャラしてるーーー(*'∇')‼もー思わず、声出して笑いましたよね(笑)この二人の掛け合いは、所々に出てくるので、相変わらず仲いいなぁ(笑)的な。親?先輩?視点で読んでしまいます(笑)

香子登場と零の闘い

香子さんが登場してきましたね‼もう、ほんと怖い‼もう、ほんと悪女感丸出し‼2巻では香子は対戦相手の情報をいや~な感じで零に吹き込んでいきます。良心の呵責をつつくように、零が対戦相手を“負かしたらかわいそう”と思うように対戦相手のプライベート情報を流すのです。
が、零は相手の背景がどうであれ“勝ち”に拘っちゃうんですけどw
そして、2巻最大の見せ場‼2巻最大の名シーン‼青春の一ページによくある、走り出して叫んじゃうヤツです♡
零は対戦相手に勝つのですが、ことごとく対戦相手から八つ当たりされてしまい、ついに自分の感情が抑えきれなくなります。


【3月のライオン2巻 190ページ】

戦う理由なんてないと思っていたのに、何よりも“勝ちたい”“生き残りたい”と思っていたのは自分だったということに気づき、自分の中に住む“”を自覚する瞬間。
自分には持っているものも、居場所も、何もない(と思っている)零君。零君にとっては退路がないから、結局は進んでいくしかない。っていう選択肢なのかもしれません。
それくらい自分の“居場所”が無かったら、死守しようとするのは当たり前ですよね。ここまで突き詰められる零君はカッコイイ。うん、やっぱりかっこいいです。

まとめ

2巻は零君の色んな側面が見られましたね~(´∀`)♪♪
じわじわーっと零君の性格が表に出ていく感じがいいですよねー。自分を大切にすること、周りを大切にすること、零君が持つ”優しさ”の使い方をこれから、少しずつ覚えていきます。零君はどんなふうに成長していくのか、、、こうご期待です♡♡♡

 

あ、最新刊(13巻)のあらすじと感想も書いていますので、ご興味がある方は是非♪

【3月のライオン13巻 あらすじと感想と。本編よりも滑川棋士。】