さて、妻子捨男がやっと去ってくれたことで、零君は次に”あかりの伴侶探し”を始めます(笑)零君の暴走っぷりが心配です(; ・`д・´)笑。そして、今回は前巻ウザ―――く絡んできた雷堂棋竜に棋竜戦に招かれて川本家3姉妹+零君で九州へ向かいます。あ、しかも忘れちゃいけない、滑川棋士再登場で零君との対局もありますよーーー!それでは、どうぞ♪

12巻のあらすじ感想も書いてます♪
3月のライオン11巻あらすじ感想! 妻子捨男に雷堂棋竜とウザキャラ連発!!

スポンサーリンク

3月のライオン12巻あらすじ感想

零君の暴走。からの、林田先生の暴走。

零君はあかりの伴侶探しのためにな、な、なんと!レーダーチャート作ってました(笑)
そして、身近な男性たちを書き出し、考えていきます…

【3月のライオン12巻9ページ】

…滑川なし枠。零君、それ正解(笑)そしてまずは近しい、野口先輩と林田先生について考えることにし、先日の川本家での手巻き寿司パーティを思い出します。野口先輩は頭もよくて、コミュニケーション力も良好で高得点。一方、林田先生は現国担当ということで、“妻子捨男(3姉妹の父)”を彷彿とさせます(笑)さらに、林田先生の持つ「やさしさ」について丸々1ページ使って考える零君(;´Д`)

【3月のライオン12巻14ページ】

うん、うん、うん。“やさしさ”って大事なんだけど「(どーでも)いい人枠」になるのに、すごく紙一重な要素よね(笑)そして、林田先生も林田先生で姉妹だけで暮らす川本家を心配して「俺があの家で一緒にくらす…-とかさ?」って何言ってくれちゃってんの?笑

【3月のライオン12巻16ページ】

その選択肢は無い!うん、無いよ(;´Д`)零君と全く同感だよ!笑。その結果、頼りがい1,決断力1という結果に落ち着きました(笑)

今後林田先生、あかりの恋愛はどんな方向に行くのか、果たして描かれるのか、楽しみです♡

雷堂棋竜VS土橋九段の闘いと、九州旅行☆

やー、やってきました鹿児島!零君with川本家三姉妹♪なんと、前回の大阪対局の時に勢いでOKしていた零君ですが、川本家3姉妹を連れて、棋竜戦のために鹿児島へ行くことのしたのです♪
そこで楽しいひと時を過ごす四人!とは裏腹に、雷堂棋竜はというと貢いでいるキャバ嬢と、家を出ていった妻・娘達との板挟みで対局そっちの気で“女”に振り回されていました(笑)

【3月のライオン12巻51ページ】

そして、土橋九段との闘いは本編を読んでもらって(笑)結果としては、土橋九段に負けて棋竜の称号は土橋九段に渡ってしまったのですが、対局の次の日に負けを知って、先に帰ってしまうキャバ嬢と、妻たちも雷堂棋竜に三行半を突き付けるのか…と思いきや!

「あなたを一時しか幸せにしてくれない人のために…別れるつもりなど毛頭ありません!!」

と言い切る奥様。

【3月のライオン12巻82ページ】

やーーー、女は強い。そして、カッコイイですね(*´▽`*)♪そして、元サヤに収まった雷堂一家なのでした。

そして、そして。そのやり取りをロビーでたまたま目撃していた、あかりとひなた。“こんな終わり方もあるのか…”と感心し、最後にナレーションのごとく入っている言葉に、感動、感動、いや、感動。

「ホントはどうすれば良かったのかな…」
―なんて問いが痛みと共によぎるけど

―どっちにしたってもう
「こっちを選んで正解だった!!」って
思えるようなエンディングを目指して

私たちは
精一杯泳ぐしかないのだ…

したり顏の「運命」ってヤツに
クロールのふりをして

「グー」でパンチを
浴びせてやるその日迄…!!!

【3月のライオン12巻84ページ】

ちょっと、長いんですけどね、
なんか、すっっごい心もっていかれちゃったんですよねー。零君がひなちゃんの言葉に救われたように、この言葉で私結構救われたなと思っていて。

まー、おばさんになるくらいまで生きていると(笑)「どうすれば良かったかな…」なんて思う事、今思い出せるだけでも数えきれないくらいあります。仕事中とか下手したら1日1回は思う事かも(笑)でも、どっちにしたって、やることは一緒で「こっちを選んでよかった」ってエンディングに自分でするしかないんだなーってすごく勇気をもらった言葉でした。「運命」って抗えないかもしれないけど、その時々の精一杯を出す。これが大事なのかもですね。

零君VS滑川臨也。熱い視線と心の声が響く!笑。

9巻で初登場していた陰キャラ(笑)滑川七段。今回は零君との対局が描かれております♪滑川棋士といえば、9巻の横溝棋士との対局で、メンタル病むほどまでに横溝棋士を追い詰めていましたが、零君はどうなのか…!?と、隣で戦うスミス先輩の心配をモノともせず、ケロッと受けて立つ零君がなんともカワイイ!そして、将棋においてはハガネメンタルな零君でした(笑)

【3月のライオン12巻113ページ】

そして、何が面白かったって、滑川棋士の視線(笑)零君は毎回声上げちゃうし、スミス先輩はさらに心の声までかけられてるし(笑)それに乗っかって心に語りかけてくるスミス先輩の対戦相手 田中棋士(誰やねんw)52歳。なんとも、このカオス具合が、面白かった(*´ω`*)笑。


【3月のライオン12巻143ページ】

とは言え、大事なのは零君との対局です。作戦なく指してくる滑川棋士に対して、常に最善手を指す、零君。それが楽しくて仕方がなくなる滑川棋士。盤面がぐちゃぐちゃになり指しなおしの千日手に持っていかれる一歩手前で、零君が気付き。軍配は零君に。滑川棋士、負けを宣言し終了します。

夏祭りの夜と恋の予感。

今年もやってきました!三月町祭り。あかりとひなたは去年の白玉シロップに改良を加え、さらにちほちゃんが送ってくれた梅シロップとショウガシロップを使ってゼリーを作ろうと試行錯誤します。

そして、迎える三月町盆踊り!零君の他にもひなたの高校のお友達つぐみちゃんに、野口先輩、林田先生もお手伝いに参戦。さらに、モモちゃんのお相手にと零君が気を利かせて二階堂を召喚(笑)さらに、さらに二階堂が島田八段を誘い、な、な、なんと!!主要キャラが一堂に揃うというなんとも幸せシーンに…♡

おっと、ここで忘れちゃいけないのがこのシーン。

【3月のライオン12巻171ページ】

急に雨が降ってきてしまい、お客さんたちが急いで雨宿りに向かう拍子にお店の机にぶつかり、シロップ鍋が倒れそうになるのを食い止めたあかり。そしてさらに、あかりを食い止めた島田八段と林田先生の二人。にわかに三角関係のフラグ…( *´艸`)♡

夏祭りはほんわかムードで終わりましたが、やはり、気になるのはあかりの恋のお話ですね♪
ということで12巻終了です。

【3月のライオン12巻174ページ】

ちなみに、2018年7月24日~ローソンにて川本家のミルクティー白玉寒天が売られています!!なんと実物♡私もすでに食させていただきました(*´ω`*)ミルクティ部分がとってもおいしかったので、まだの方は是非食べてくださーい♪さらに、お会計時にサプライズがあるので、お楽しみに…(笑)

まとめ

今回はあかりの恋のフラグが立っている感が否めない感じでしたね(笑)零君の対戦もおもしろかったなぁ(*´ω`*)♪と、色んなお話がてんこ盛りの12巻でしたね!今後きっとさらなる展開というか、今回はほっこり回だったので、もうそろそろまた嵐がやってきそうな予感ですよね(笑)

 

☆1-6巻、13巻のあらすじと感想も書いてます☆

3月のライオン1巻あらすじと感想と。桐山零が好きすぎる件。
3月のライオン2巻あらすじと感想と。零君、感情大爆発‼
3月のライオン3巻あらすじと感想と。林田先生の名言続出‼
3月のライオン4巻あらすじ感想!!島田八段、故郷への想いを乗せて・・・
3月のライオン5巻あらすじ感想・ひなたの名言に涙。いじめなんて無くなれ!
3月のライオン6巻あらすじ感想!ひなたのいじめ問題解決への過程・・・
3月のライオン7巻あらすじ感想・【ひなたいじめ解決】名言が響く・・・
3月のライオン8巻あらすじ・感想。柳原棋匠のかっこいい生き様と闘い。
3月のライオン9巻あらすじ感想!!ひなたと零にフラグ?!滑川臨也も初登場!!
3月のライオン10巻あらすじ感想。妻子捨男―史上最強キャラ登場。
3月のライオン11巻あらすじ感想! 妻子捨男に雷堂棋竜とウザキャラ連発!!
3月のライオン13巻感想・ネタバレ有り。滑川臨也外伝で名言炸裂。